電子書籍か物理書籍か

最近は大抵の書籍は電子でも手に入りますね。
私はKindle Unlimitedに加入していたこともあって電子書籍派だったのですが、いいことばかりでもないと感じるようになりました。

物理と電子それぞれの利点を考えてみます。

電子書籍のメリット
  • 持ち歩くとき荷物にならない
  • 何冊でも持ち運べる
  • 電車での移動中や布団の中等、どこでも読める
  • なくす心配が少ない、汚れない
物理書籍のメリット
  • 複数の本を同時に開くことができる
  • 特定のページを開きたいときは速い。
  • 見開き単位で書かれている場合は物理の方が圧倒的に見やすい
  • 1冊を開いてみんなで読める(e.g. ゲンマ実践編とか)

同じことを繰り返し言っているだけのような気もしますが、「スマホに入れられる」の一点が非常に重要だと感じました。
質量の有無が長所にも短所にもなっていますね。

基本的には電子でも構わないのですが、

  • 見開きをよく使う漫画(ワンピースとか)
  • 何度も見返したいが、その度に初めから読む必要はない教科書的なもの

などは物理で持っておきたいですね。

逆に小説とか、動きが少なめの漫画は電子向きだと思います。
特に漫画って1シリーズだけでも何十冊という量になってしまうので…。





次回、「ウザク本3は紙で買え」に続く予定

自分のミスを利用する

f:id:jkaljsoiw:20190421053031j:plain

この5sは結構強めのミス。

  • ドラ受け
  • 2sがひっかけになる

の2点で切ったけど、57p落としても6p引いたら9pとスライドするだけでいいのでドラ受けはおかしい。

リカバリーが大事

間違えたことは気にしても仕方ない。この先に目を向ける。
おかしな手順を踏むと待ちとしては強くなるから、次に選択が入ったら57pを落として13sはできるだけ引っ張っておく。

f:id:jkaljsoiw:20190421071328j:plain

こうして……

f:id:jkaljsoiw:20190421071334j:plain

こう。

自分がこういうケースでやられた覚えがないので、鳳凰卓はみんな間違えないのかもしれない。
私は間違えます。

非終了条件

どういうパターンだとラスるのかを把握しようという話。

f:id:jkaljsoiw:20190403121859j:plain

この局面。ほぼアガリトップで対面に満貫打たなきゃ大丈夫…

f:id:jkaljsoiw:20190403122018j:plain

ではないですね。1000-2000以上のツモだと西入続行がありました。
しかも跳満あるから3着落ち。

想定してなかったのでパニックになりました。

f:id:jkaljsoiw:20190403121914j:plain

次局ラス目の上家からリーチ。特に考えずに9p打って死亡。

よくよく考えるとここで3p1mでのベタオリすると被ツモや罰符でかなり死にやすいし、9pか東か(東は親が持ってそうな体感はあった)で粘りたい。
東切ったとしてその後9p出ていく可能性もそこそこありそう。

とはいえそういった思考を経て9pを切るのと、何も考えずに筋だからぽいって切るのとでは雲泥の差。


反省事項

終了しない条件を確認できていない
→自身のトップ条件が軽いこと、被ツモによるラス条件がないことから油断があった。

想定外の事象でパニックになった
→なったとしても次局が始まったら落ち着いて打たなければならない。他の場面でも言えることだが、今打っている局のみに集中する。

ミス原因を洗いだすことで完璧な存在へと昇華したい。

3月反省

3月目標
毎日1戦/セット2回/ブログ毎日(途中で諦めた)/twitterの何切るにできるだけ答える

毎日1戦→△
鬼キレ打ち期間もあって136戦できたが、やっぱり毎日は厳しい。
ちょっと離れると精度が落ちるということもあるので、何らかの方法は取りたい。

セット→○ 毎週末打ってた。楽しい。

ブログ→× はい。打数が減ると書くことがないし、打数が増えると書く時間がない。

twitter→△ 頻度は少ないけど答えるときは頑張ったつもり。


4月目標

コンディションを整えて打つ

まずはこれ。適当に打たない。

よく検討する

打ったら毎回検討が基本。
いつもは気になったところ以外は流してるけど、たまには1戦にものすごい時間をかけてもいいかも。
それより打ちたいって思いそうだけど。

八段に戻る

「上がる」じゃなくて「戻る」って書いてしまうのが未練たらたらな感じがしてアレ。 でも戻りたい。

できるだけ言語化する

何切る答えるときも自分で出すときも。

ふわっとした目標になった。できるのだろうか。

七段降段

七段になりました。

116-135-117-121の489戦

今週が特にひどかった。修正する気も起きないまま打っていたけど、降段したことで少し冷静になれたかも。
ほんとはさっさと直して粘らなきゃいけなかったんだけども。

見た目段位って想像以上に大事だと思う。
「長期の安定段位こそが実力評価に相応しい」ということには同意するけど、そもそも長期打数をこなせている人自体が少ない。
しかもそういう人達は軒並み実績があるので、多少の下振れが出ても評価は下がりづらい。(それでも見た目段位で受ける印象は違ってきてしまうはず)

しっかり打てれば安定8,上振れ9ぐらいはできると自分では思っているので、早く上がりたいところ。
ただそういった思考自体が「しっかり打つ」メンタルからは程遠く、ぶれない打牌ができるとはとても思えなくてつらい。

ブログ記事数の目標はやめる

はい。タイトルどおり。

毎日更新したいな~って言いつつ全然やってない。
麻雀のモチベーションって「打つ・学ぶ・検討する・発信する」ぐらいに自分の中で分かれていて、今は打つしかない期間なので自分の気持ちに従うことにした。

ブログは別に放置でもいいのだが、他の目標はそれなりにやる気があることと、何もせず月末に目標達成できませんでした~って言うのもアレなことから、今のうちに切り捨てる宣言をしておいた。

いつまで打つモードが続くかもわからないが現状はそんなところ。
では。